人気ブログランキング |

さざえ

今年はさざえが届かないので安心していたのに、今日、届いてしまった。それも20匹。私はどうしても貝類が嫌いなので、今、みっちゃん(夫)が悪戦苦闘中。今年はさざえオープナーを購入したので、少し楽になった。

ここ2年ほどは、近所のフレンチでおいしい料理にしていただいていたのだが、フレンチ、諸事情でそれができなくなり、不承不承、また我が家での調理と相成った。

とにかく、さざえをなんとかしないと、やっぱりきちんと食べてやらないと、命が無駄になる。でも、嫌いなのだよな…
# by chacoakimoto | 2019-06-16 15:54 | 日記 | Comments(2)

ぶちのおねがい

ぶちから切羽詰まったLINE。

ママ、近所にVジャンプの今月号売ってたら買っておいて❗️都内はもう絶滅してる。

翌日、私は職場からうちに帰るまでのすべての本屋を見る。みっちゃん(夫)もすべての本屋を覗くも、どこにもない。仕方なく、LINEする。

あちこち見たけどどこにもない。お役にたてずごめんね。

すると、ぶちから返事。

ありがとう。とりあえず2冊は確保してるから、心配しないで。

2冊買ってるんかい(怒)
# by chacoakimoto | 2019-05-26 14:55 | スライム姉妹 | Comments(4)

誕生日

無事に今年の誕生日も過ぎました。気がつくと、還暦がすぐそこに…(TT)

でも、相変わらずゲームしてるし、ドライブしてるし、人間の本性とは、そう簡単にはかわらないのです。

激動のfiftiethでしたが、後半はゆったりと過ぎています。このままゆっくりと生きていたいな。
# by chacoakimoto | 2019-05-21 17:37 | 日記 | Comments(2)

GW

GW、ぶちがきて、そのあとべほまづんとスライムナイト氏がやってきた。ねこたちは接待に大忙しだった。

そして、ホッとしたら、私が風邪を引いた。かなり、気管支にダメージがくる風邪だ。昨晩は咳が苦しく、今も呼吸が辛い。

結局予定変更し、家で寝ているだけのGW後半。ドラクエだけが進む…
# by chacoakimoto | 2019-05-05 15:19 | 日記 | Comments(2)

ぶち帰宅

昨晩からぶち帰宅。ねこたちは大忙し。

3ヶ月もねこを吸わなかったんだよ。死んじゃうよ。

というわけで、おなかに顔を埋めてねこを吸うぶち。ねこたち、耐えています。
# by chacoakimoto | 2019-04-29 11:25 | Comments(0)

春待猫

庭に、大きな木蓮の木がある。ちょうど出窓のところにあって、春、一番に花を咲かせる。この木が咲くと、次は桜が咲くのだ。

木蓮の花芽が膨らみ始めると、出窓に置かれた小さな書類タンスの上にマーヤさんが登る。そして、長いときは半日くらい、飽きもせずに眺めている。まるで、花芽が膨らむのが見えるみたいだ。今年も長いこと、木蓮を見ていた。

今、木蓮はすっかり散ってしまい、わずかばかりの遅れてきた花を残して、緑色の葉っぱだらけになった。マーヤさんは名残惜しそうにしていたけれど、今年も春を確認して、書類タンスから降りてきた。

私たちは、そんなマーヤさんを、春待猫と呼んでいる。
# by chacoakimoto | 2019-04-08 18:07 | | Comments(0)

なんにもない日

このところ、職場のリニューアルであわただしく過ごしていて、おまけにみっちゃん(夫)の論文の締め切りまで重なり、我が家は非常事態宣言だった。どちらもやっと終息。本日は久しぶりのなんにもない日(^-^)

なんにもない日って、いいな(^^)人(^^)
# by chacoakimoto | 2019-04-07 12:52 | 日記 | Comments(2)

ぶちは健在です

先日、ぶちとご飯を食べた。

あのさ、ママ、この間、手塚治虫の火の鳥、全部読んだ。

ふーん。どうだった?

ねえ、何で火の鳥ってあんなに上から目線なのよ。

……

鳥のくせにさ、上から目線!

(確かに鳥だけど…火の鳥だし…)

アタシ、上から目線のやつ、いやなの。

そういう感想かい…
# by chacoakimoto | 2019-03-29 18:51 | スライム姉妹 | Comments(0)

歴博リニューアルオープン

5年の間閉まっていた職場の考古の部屋がやっとリニューアルオープンしました。NHKなどでも取り上げられたので、けっこう入館者が増えています。まあ、みんな大好きな考古学のところだからね。

見所は、ねこです。うちのピートがモデルです。かわいいと、早くも評判です。

お花見ついでに、ぜひどうぞ。
# by chacoakimoto | 2019-03-20 14:18 | 日記 | Comments(0)

私の3.11

あの時、職場にいた。外へ出よとの指示があって、建物の外へとでたのだけど、揺れの強さに怖くなって、また建物の中に戻った記憶がある。

家には、スライム姉妹(娘たち)がいたので、何度も連絡をとろうとしたのだけど、電話が繋がらない。やっと繋がって、真っ先に聞いたのは、子どもたちの安全、次は、パパはどうしているのかだった。

8年前、まだ離婚はしていなかった。でも、関係はただの同居人になっていた。すでに生活の時間が違っていた。フレックスであったらしい前夫は、終電で帰宅すると、明け方までネットで初音ミクや美少女アニメを見まくり、私が起きる頃、眠る。そして、どうもお昼過ぎに会社に出掛けていたようだ。だから、なにより心配だったのは、一応は部下なし管理職であった前夫が、地震の時間に会社に着いているかどうかだったのだ。もし、会社に着いていなければ、部下なしとはいえ管理職の責任問題となる。

ちょうど学校が定期試験で、お昼過ぎに帰ってきていたぶちの、パパはいなかったよという証言に、なにより安心した。

最初に私に電話をくれたのは、今の夫となる人だ。私と子どもたちの安否を聞くと、とにかく無理をするな、何かあったら、逃げることも大事だといってくれた。次に電話をくれたのは、大事な友人のAK2さんだった。同じように私と子どもたちの安否を心配し、みな無事だと知って安心してくれた。前夫からは夜遅くまでなんの連絡もなかった。

地震の最中、運よく会社に着いていた前夫は、緊急事態に大はしゃぎしていたらしい。あちこち手配をし、采配をふるっていたらしい。そういう、目立つことは大好きなのだ。家族のことは、思い出さなかったか、あるいは、今、自分は、家族の安否よりも、この場の采配を振るわなければという使命感に高揚していたのだろう。

幸い、地震当日は、停電以外の事故もおきず、子どもたちも冷静だったので、私は前夫がいないぶん、楽だった。ただ、なんともいえない虚しさがあった。

私にとっての3.11は、自分の人生が変わった日だ。離婚をする原動力はあの虚しさからだったと思う。
# by chacoakimoto | 2019-03-12 09:19 | 日記 | Comments(2)