人気ブログランキング |

ねこの事務所

今となっては、long long ago, far far awayなころ。いろいろなことがあって、かなり深刻な精神状態になっていた私を心配して、大学の先輩のSさんはドライブに連れていってくれた。

館山を走っていて、私たちは不思議な看板を見つけた。
「ねこの事務所 この先」
ねこの事務所とは、宮沢賢治のいじめをテーマにした名作の名前。不思議に思って、看板の通りにあまりひとけのない別荘地の中に迷い込むと、そこには小さな本屋があった。

その本屋は児童書の専門店で、こんなところで商売が成り立つのかとおもったけれど、店主はあまり気にしていない様子。品揃えは店主のこだわりが凝縮されていて、絵本から小説までなかなか洗練されていて、そこで私たちはお茶をごちそうになり、本について店主と語り合い、楽しいひとときを過ごした。Sさんは以前から欲しかったブラドベリの本をみつけ、たいへんご満悦、私も好きな絵本作家の原画を拝見して、とても感激だった。
 
「ねこの事務所」で楽しいひとときを過ごし、車に乗り込もうとしたとき、Sさんが言った。

「辛いことがあったようだったから、心配していたけど、思いの外元気でよかったよ。」

その言葉で現実に引き戻された。

「そう見えますか?」

やっとのことでそれだけ言って、あとは言葉にならなかった。考えてみたら、Sさん、T大構内の発掘調査以来、四半世紀を経て、また私を泣かせたわけだ。

そして、Sさんはこのとき、この人の背中を暖めなければと、思ったそうだ。

そんな訳で、いろいろあって、Sさんは今、みっちゃんとなって、一緒に暮らしている。昨日、5周年を迎えた。

さて、「ねこの事務所」であるが、そのあと、同じところを何度も捜したのだが、不思議なことに跡形もなく消えてしまった。看板もなくなっていた。本当の話だ。ここで購入したブラドベリの本はちゃんと我が家にあるのに、だ。もしかしたら、あれは、ねこ信者を増やし、家に住み着こうと考えたねこたちによって仕掛けられた、ねこ拡散の作戦なのではないかと時々思うのだが、どうなのだろうか。


Commented by ダムダム人 at 2018-08-29 00:38 x
わお!すごいミステリアス!!

たぶん、そこは心が傷ついた人しか見えないお店なのでしょうね?
(なんか昔放送していた「アリア」と言うアニメに登場した「猫の王国」や
アニメ「ふらいんぐ・ういっち」に登場した喫茶店を思い出しました。)

閑話休題
先日、完全失業時に読んだ「ペンギン・ハイウェイ」と言う小説の
アニメを劇場鑑賞しました。

私的には、満足しましたが、一般受けしないようで
わずか半月で公開終了(私が鑑賞した劇場では)になりそうです。
Commented by chacoakimoto at 2018-08-29 02:08
ペンギンハイウェイは、私の大好きな作家の小説ですが、あのアニメはイメージが違うので、見に行かないだろうと思います。小説は、もっと静かな感じですよね。
Commented by ★ろ at 2018-09-01 14:51 x
なんか僕の知り合いが書いた本、「神の味噌汁」みたいです。
そして、おひさしぶりです(笑)
Commented by chacoakimoto at 2018-09-01 16:34
お久しぶりです(^-^)お元気でしたか?
その本、読んでみたいです。
ねこの事務所は、ググってもわかりません。とっても不思議です。
by chacoakimoto | 2018-08-28 09:45 | 日記 | Comments(4)