おばさん

入院もあと一晩になった。心配していた後遺症もなく、経過は順調過ぎるほど。よい先生に恵まれて、しっかり治った。

さて、この2週間、私は10歳くらい歳上のおばさんと同室であった。同じ病気で、私より一日早く入院したおばさんは、さっき退院された。大変フレンドリーで、しかもおしゃべり大好きな方で、この2週間、私は絶えず話しかけられ、今、やっと落ち着いたところだ。

投薬された薬の副作用には鬱があり、私がまだ抗うつ剤を服用していることから、主治医もスタッフの方々もとても心配され、おばさんのおしゃべりが私に影響してしまうのではないかと、ずいぶん気を使っていただいた。正直、最初はちょっと参った。なにしろ、絶えず話しかけられるので、本が読めない。それも、おばさん、そのネットワークを張り巡らして、スタッフや患者さんの様子や出入りまで逐一ご報告くださる。私には、こういう好奇心がない。

ただ、このお蔭で、退屈が和らいだのも確か。部屋を去るとき、おばさんは、お蔭で楽しかったわ~‼とおっしゃり、まあ、私も少しは報われたのだ。

とにかく、私も明日は放免。少し落ち着いて、穏やかに過ごそう。
[PR]
by chacoakimoto | 2018-04-11 17:14 | 日記 | Comments(0)