“ぶち”の成人

5月で二十歳になった“ぶち”は、法的にはもう一人の個人で、子どもとして守られる存在ではない。でも、“ぶち”はずっと子どもにしがみついていたところがあった。だから、家庭を壊そう(私は再生したかった)としている私を許すことは出来なかった。

色々なことがあった中には、“ぶち”の家庭内暴力もあった。今だから言えるけど、当時は私の命の危険すらあった。“ぶち”に暴力をふるわれる私は辛かった。肉体の痛みは相当なものであったし、彼女が暴力をふるう原因は自分なのかという悲しみも辛かった。多分、“ぶち”も辛かった。だから彼女は色々と屁理屈をつけたけど、最終的に私に深刻な怪我は負わせなかったし、命も奪わなかった。

“ぶち”はどこかで父親を信じていたのだと思う。だから、私が憎かったのだと思う。私が、彼女の父親を捨てていくように思えたから。でも、彼女の父親は彼女の期待にこたえてはくれなかったらしい。自分のことしか考えられなかったらしい。そんなことではないかと思ったけど、私に抵抗したのとは違い、“ぶち”はあっさりと父親と関わりを持つのを止めた。

“べほまづん”は、一人暮らしをすることになった。すぐにではないけれど、夏休みにある程度のお金を貯め、なるべく自分の力で一人暮らしをするつもりだ。もちろん、彼女に手をさしのべてくれる大人は沢山いるから、みんなに支えられて、“べほまづん”は大丈夫だろう。就職も内定したし

“ぶち”はどうするのか、それだけが心配だった。父親と一緒にいると、いつか壊れてしまうような気がした。すると“ぶち”が言う。
 「一人暮らしがしたい。」
 「すぐには無理。お姉ちゃんの方が優先だから。」
 「でも、させてくれる?」
 「それは約束する。でも、その間、パパか、ママか、どちらかと暮らさなければ。」
 「ママと行くよ。」

一番の心のつかえが取れたような気がした。“ぶち”も大人になったのだった。
[PR]
Commented at 2013-06-13 00:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダムダム人 at 2013-06-13 09:39 x
遂にお二人の「旅立ち」の時が来たようですね?
お姉ちゃんの就職内定、おめでとうございます。
(凄くハードな仕事になりそうで、ちょっと心配)
ともあれ、それぞれの船出に祝福!
Commented by chaco at 2013-06-13 09:52 x
>しろたんさん
ありがとうございます。私は、家族がなくなるのではなく、新しい形になるのではないかと思っています。少しずつ、これまでのこと、これからのこと、お話しすることもあると思います。でも、過去は過去、これからはこれからとして、前を向きたいと思います。

>ダムダム人さん
ぶちはまだまだ旅立てません(笑)少なくとも、針に糸を通すのと、片づけを覚えるまでは。
Commented by 三吉 at 2013-06-14 07:00 x
お邪魔します。

うーん、お父さんが自分の気持ちに応えてくれないと感じた時の妹さん、さぞ辛かったろうと思います・・・・それも爆発の理由のひとつだったのでしょうか・・・・
娘を持つ父としては、色々と気をつけて自戒しなければいけないと思ってしまいます。
Commented by chacoakimoto at 2013-06-16 19:57
三吉さん>普通に接していれば大丈夫ですよ。あと、思春期以降、お父さんとして娘が大事で、娘を守るためには、娘の好き勝手は許さないという態度をはっきりとさせること。その時は一時的にお父さんを毛嫌いしても、解って貰えますから。我が家の場合は、全てがすんだら少しずつお話もするでしょうが、余りにも特殊でしたから。
Commented by stella at 2013-06-21 21:41 x
私がスライム日記を愛読してから10年くらいになるのですが、姉妹も大人になりましたね。無事に一人暮らしが落ち着きますように…。
あとこんなところですみません、メッセージしまので、確認頂けると嬉しいです。
Commented by chacoakimoto at 2013-06-21 22:50
Stellaさん〉暖かいメッセージをありがとうございます(*^^*)女子3人は元気に未来を向くことにしてます(^-^)vメッセージ確認します。ごめんなさいm(__)m
by chacoakimoto | 2013-06-12 19:54 | スライム姉妹 | Comments(7)