今日の結論

バブルってなんだったんだろうなあ。あの頃、独身貴族の友人と旅行するとみんなヴィトンのボストンバッグだったし、船橋のザウスとか、宮崎のシーガイアとか、ありえない夢の世界がふわふわしていた。私はバブルの恩恵のない会社の会社員と結婚し、バブルの恩恵で発掘調査していたけれど、その収入はほぼ、夫の「親孝行」に使われちゃったっけ。
友人たちが海外旅行をしている間、当時の私の最大の夢はシーガイアに行くことだったなぁと、ちょっと笑えます。(スティングのCMが素敵だったよねぇ)
土気のバブル遺跡やら、ザウスの跡地の家具屋さんやら、シーガイア倒産のあとの宮崎県の奮闘やら、見たり聞いたりするたびに、当時の自分のことが思い出されます。あの時私は何かがうらやましかったけど、それはバブルじゃなくて、もっと根源的なことだったんだって今はわかります。
いろいろありましたが、今日、家裁に離婚調停の申し立てをしてきました。
[PR]
Commented by ak2 at 2013-05-31 16:58 x
新たな一歩の始まりですね。
Commented by ダムダム人 at 2013-05-31 22:31 x
私もバブル期に一番長く勤めた会社に入社しましたが、
あまりその恩恵を受けた気がしませんでした。
(まあ、結構特殊な分野だったので…)
とは言え、その頃が一番楽しかったです。
ある意味「まつり」だったのかもしれません。
そして今はその祭りが終わった後の「片付け」なのでしょうね?
Commented by しろたん at 2013-05-31 23:04 x
80歳の平均寿命からすれば、成人してからの大人の人生はまだまだ半分。これから自由に、自分らしく羽ばたけるとよいですね。いろいろと片付いたら、まずは中央アジアで新しいスライムの捕獲でしょうか。
Commented by chacoakimoto at 2013-06-01 05:34
〉ak2さん 頑張るわ(^^)d

〉ダムダム人さん 色々ありましたが、スライム姉妹が理解してくれているので、新しい家族を再生する過程なのだと思っています。

〉しろたんさん 今度はホイミンがいいなと(*^^*)
Commented by 三吉 at 2013-06-01 13:48 x
お邪魔します。
私は、理系だったこともあり、大学院に行っていましたので、バブルの恩恵は・・・・。
あ、でも、はじける前に就職が決まってて、よかったな。二年くらい後から、劇的な就職難が始まったし。

ホイミンに出会えて、仲間になってくれることを祈っております。
Commented by t-mt at 2013-06-02 06:55
Wikipediaによれば88年12月から91年2月がバブル景気なので,87年4月入学,91年3月卒の私はまっただ中に白雲で考古学を学んだことになります。その余韻のおかげで就職させていただいたので,考古業界ではもっとも恩恵を受けた世代かもしれません。

もっとも,民間企業に向かった同級生がばんばん内定をただく中で,目的を持って(当時は)収入の低い仕事に就いたわけで,現在の公務員バッシングには複雑な心境です。

いよいよあらたな一歩を踏み出されたのですね。僭越ながら,その決断,勇気にエールを送ります。
Commented by chacoakimoto at 2013-06-02 07:20
〉三吉さん ホイミンあ会えたら嬉しいです(^.^)取り敢えずい家を出たら猫を二匹もらいます(*^^*)

〉t-mtさん いろんなことがありましたが、今は自分を取り戻したという実感です。娘たちも賛成しているので、前向きです(^^)d一番悲しいのはインプレッサとのお別れ(/_;)/~~
by chacoakimoto | 2013-05-31 15:16 | 日記 | Comments(7)