病院へ

これから通院。福岡から帰って以来、ひいてしまった風邪がぱっとしないけど、頑張って行く。帰りは、元気になるためリフレクソロジー受ける予定。ついでに、おいしいものも食べよう。
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-11-19 10:43 | 日記 | Comments(0)

帰ってきた

九州歴史資料館にて、後輩と再会。私が大学の調査で陶磁器を見ていたとき、一年生だった学生が、すっかり立派になって、なんだかおかあさんの心境。見たかった遺跡の資料を拝見でき、心は陶磁器に飛びそう✨

そして、一番大事な用事を済ませ、帰ってきたら、みっちゃん(夫)が風邪で寝込んでいた。それを、しっかり貰う😥

今、寝込んでいます。
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-11-13 12:43 | 日記 | Comments(2)

博多

博多にやって来た。ひとり旅だ。これから、博物館にいくのだが、ちょっと疲れて、引きぎみのわたし…

明日は、やっぱり博物館。
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-11-08 14:18 | Comments(0)

優しい話

鬱がひどかった頃、まだみっちゃん(夫)ではなかったSさんは、よく、優しい話の本をくれた。

きっと、私の心をおもいやってくれているのだ…

彼と優しい話があまり結び付かなかった私は、勝手にそう解釈していた。

Sさんからみっちゃん(夫)になって、ようやくわかった。この人は、優しい話が好きなのだ。見かけによらないナイーブさに、とても好感がもてた。

今日もみっちゃんの読みかけの優しい話が、ベッドの上に転がっていて、なんだかホッとする。
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-11-07 04:56 | 日記 | Comments(0)

守にいちゃん

守にいちゃんというのは、宇宙戦艦ヤマトの主人公の古代進のお兄さん、守さんのことだ。ヤマトの最初、守にいちゃんはガミラスに攻められて滅亡寸前の地球で、

男だったら戦って戦って戦い抜いて、一人でも多くの敵を倒して、死んでいくもんじゃないんですか

などと危険思想を叫んで、特攻していく。本来なら、私の一番嫌いなタイプだが、声が広川太一郎さんなので、まあ許す。しかしながら、その後、イスカンダルでスターシャと結婚し、子どもまで生まれると、敵の侵攻に妻子を抱えてうろうろしながら、

僕にはなにもなす術がない

などと情けないことをほざく。そんなこんなで、私が宇宙戦艦ヤマトで得た唯一の教訓は、

男って結婚するとダメなのね…

だった。

さて、うちのみっちゃん(夫)、結婚前は身に付かないキザとストイックな人で、

男だったら掘って掘って掘って、ひとつでも多くの遺構を調査して…

と言いそうな人であったが、最近はすっかり穏やかになり、猫たちのおとうさんとして、ほやほやしているので、うっかり天災でも起これば、猫二匹をかかえ、

僕にはなす術が…

などとうろたえそうだ。やっぱり男って結婚するとダメなのね…
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-10-27 10:29 | 日記 | Comments(0)

眠れない

日が短くなってきたせいか、?うまく眠れない日が続く。起きていると、すごく眠くなるのだけど、布団に入ると、目が覚めてしまう。

今夜はうまく眠れるといいのだけれど。
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-10-26 16:45 | 日記 | Comments(0)

スライムナイト氏 がんばる

ぶちのだだこねにも負けず、ついに結婚の意思を固めたべほまづんとスライムナイト氏、我が家に遊びに来ることとなった。最後の試練、マーヤさんの承認をもらうためだ。我が家の決定権は、マーヤさんにあるのだ。

マーヤさんはつんつんの猫だ。愛想が悪いわけではないが、家族にも、気が向く時でないとあまり甘えない。事前にそのことを聞かされていたスライムナイト氏、緊張の対面であったが、なんと、マーヤさん、ご機嫌にご挨拶をし、気に入ったわといわんばかりに、スライムナイト氏に甘え始めた。マーヤさんのチェック、合格だ。

ところが、ラスボスは別にいた。

ちょうどそのころ、我が家ではドラゴンクエストビルダーズが流行っていて、私もみっちゃん(夫)もせっせとプレイ最中だったのだが、これはドラクエとはいえアクション要素の強いゲームで、私たちインドア派にはどうしてもラスボスが倒せないで困っていた。詳しく話すと、ボスは三段階の攻撃を仕掛けてくるのだが、レンガを積んでその上にのぼり、ボスの攻撃を大きくジャンプして避けなければならないところが、どうしてもできなかったのだ。そして、それは、みっちゃんのなにげない一言から始まった。

スライムナイトさん、このゲーム、ボス、倒してくれない?

スライムナイト氏は確かにゲームに関わる仕事をしているが、それはあくまでも作り手だ。そして、このゲームは初めてのゲームだ。でも、彼はその時思ったそうだ。これをクリアしなければ、お嬢さん(べほまづん)との結婚は許してもらえない・・・

さて、それからのスライムナイト氏はがんばった。初めこそ苦戦したものの、攻略サイトを参考に、私たちができなかったジャンプを繰り出し、1時間後、ついにボスをやっつけ、私たちは念願のエンディングを見ることができたのだった。よかったよかった。

かくして、ローラ姫を助けた勇者のごとくに、スライムナイト氏はべほまづんと無事に結婚することができた。なお、「彼女の実家でゲームの無茶ぶりをされて、このままでは結婚できないと必死でクリアした話」を、スライムナイト氏が上司に打ち明けたところ、その話が社内報に載り、会社ですっかり有名になってしまったのは、のちの話。

こうして、我が家には新たなキャラが出現したのだった。幸せにね。

[PR]
# by chacoakimoto | 2018-10-17 16:00 | スライム姉妹 | Comments(0)

スライムナイト氏の試練

誰もがよかったね、幸せにね、と思ったべほまづんとスライムナイト氏に、ひとり反撃にでたこまったやつ、それがぶちだった。

あたしは絶対認めないからね❗️

なんで…(-_-;)

おねえちゃんをとられるのが許せない‼️

なに、それ…(-_-;)

かくして、スライムナイト氏に尻尾を太くして毛を逆立てたぶち、私やみっちゃん(夫)の説得もきかない。べほまづんからの連絡は一切無視する。この話をもちだそうものなら、怒る、泣く、ふくれると、完全に拗れてしまった。その上、スライムナイト氏やべほまづんに会おうともしない。こうなると、誰の言うこともきかない頑固者なのだ。

かくして、べほまづんとぶちが硬直化したまま、その年の暮れを迎えた。先ずぶちが帰省し、大晦日にべほまづんが一人で帰ってきた。まさに一触即発の状態だ。

大晦日、べほまづんが帰ってきたとき、ぶちはリビングでねこたちと遊んでいた。家に着き、対峙するふたり。家中に緊張が走る。

やあ。

あ、おねえちゃん、おかえり。

あのさ、着ないスカートがあるんだけど、いる?

あ、いるいる。ありがとう。

なんだ、このなんでもなさは…(-_-;)べほまづんに、あなたたち、いつ仲直りしたの?と訊いたら、べほまづんも、わからない…と答えた。かくして、ぶちの反撃はうやむやとなった。

これで、晴れて結婚できるべほまづんとスライムナイト氏であったが、ここでスライムナイト氏に新たな試練が…。次に続く(まだ引っ張るw)。

[PR]
# by chacoakimoto | 2018-10-14 17:56 | スライム姉妹 | Comments(2)

スライムナイト氏あらわる

べほまづんの結婚相手、とりあえず、スライムナイト氏としておこう。なかなかすてきなシステムエンジニアである。べほまづんの会社の先輩なので、ゲームを作っている。

最初、べほまづんが今の会社に内定し、卒業までの間丁稚として修業をしていたころ、彼女は会社の近くに住まいを見つけ、一人暮らしをはじめた。会社のそばなので、社員もたくさん住んでいる。しばらくして、ひとり、とても親切な人がいると言い出した。

休みの日とか、一人でいるとよくないからっておいしいお店を教えてくれたり、美術館に誘ってくれたりするんだよ。

ははん、それは見え見えだ。でも、鈍感なべほまづんは親切な先輩としか思っていなかった。気の毒に…。その後、スライムナイト氏は頑張って告白をし、二人は晴れてお付き合いをすることとなった。正直、すごく安心した。私が彼女の父親と離婚をし、すぐに再婚したことで、スライム姉妹が男性不信になっていたらどうしようと思っていたのだ。

スライムナイト氏に、そのことを告げたら、彼はちょっと恐縮し、いえ、僕も楽しい毎日が送れるようになりましたから感謝していますと言ってくれた。大丈夫な人だと、とてもうれしかった。

しかし、その後スライムナイト氏は思わぬ反撃にあう。それは、また次の機会に。

[PR]
# by chacoakimoto | 2018-10-12 11:19 | スライム姉妹 | Comments(4)

ドラクエ10日記

ドラクエ10、ver.4.3終了。ボスが強くてかなり手こずり、メインの職業魔法使い縛りを解いて、賢者で行き、やっと終わりました。たぶん、今度は賢者で行きます。

そして、私に遅れること約一年、みっちゃん(夫)がドラクエ10に参戦。なんと、まさかのエルフです。がんばれー❗️
[PR]
# by chacoakimoto | 2018-10-09 13:09 | 日記 | Comments(2)