キトラボックス

池澤夏樹のキトラボックス読了。
細かいところで突っ込みはあれど、楽しい小説。古代史と現代のミステリーが一点に収束するところはなかなか。だけど、なによりも、登場人物が、脇役端役にいたるまで、みな、楽しそうなところが笑える。
[PR]
by chacoakimoto | 2017-04-27 14:59 | Comments(0)